オリンピック代表選手を批判している人に思うこと。

平昌オリンピックで大活躍の日本女子カーリングのメンバーたちへの批判が世間を賑わせています。
彼女らが話す「そだねー」という北海道弁が気に食わない、試合中に「もぐもぐタイム」と称してものを食べるのが気に食わないなどといろいろ言われていますが、批判しているのは主に女性たちだそうです。
どんな女性が批判しているのやら想像もつきませんが、もしこんな批判を本気でしているとしたら、少々ノイローゼ気味なのでは?と不安になります。
どんな方言を話そうが人の勝手だし、試合中の食事は必要だからそうしているのであって、批判される意味が分かりません。
カーリング女子たちを叩いている人たちはもはや、叩く内容などどうでもよく、ただ「マスコミに取り上げられて目立っている女性が気に食わないから」叩ているのだとしか考えられません。
とあるニュース記事で、こうした世間の動きに対し、ある男性が「女同士、仲良くやれないのか」といった旨の主張をしているのを目にしました。
しかし、きっとカーリング女子にしてみたら、こうした訳の分からない批判を繰り返す相手など、同性同士でも理解などできないということでしょう。
どうして意味不明な内容で(本人たちには筋が通っているのかわかりませんが)人を叩くのかは不明ですが、スポーツ選手でも、あるいはほかの分野で優秀な成績を出している人でも、一部の心無い人に惑わされずに本領を発揮して欲しいものだと思いました。女性 ひげ 脱毛

オリンピック代表選手を批判している人に思うこと。