家事労働に関する評価についてのこととして

家事の時給はいくらか、ということがたびたび話題になりますが、さすがに高すぎる、という感は否めないでしょう。あくまでプロに頼んだら、というレベルの話しになっていることが多いですから、これはある意味では仕方ないことになります。そこで重要になってくることはでは、主婦の家事はどのように評価するべきか、ということです。特に専業主婦にはそうした問題が常に付き纏うことになります。しかし、これは実際問題としてはそもそも気にすることではない、ともいえるでしょう。家事を専業でしている、ということは要するに主婦である、結婚している、ということになるでしょうが、これで揉めるわけです。しかし、そうしたことに価値を決めることも大事ではありますが、そもそも夫婦和合がベストなのですから、誰はいくら、どちらがどのくらい貢献しているとかそうしたことはそもそも数字にしようとすること自体がナンセンスであるといえることは確かでしょう。http://www.igroupcal.com/category17/

家事労働に関する評価についてのこととして